MENU

男の更年期障害は30代の人も意識しておくべき

こんにちは、牛島です。

 

 

男の更年期障害は男性ホルモンの分泌量が低下することによって起こるので、男性ホルモンの分泌量が低下する時期を意識することが重要ですね。

 

 

男性ホルモンの分泌量の低下はなんと30代から始まります。もちろん30代になったとたんいきなり男性ホルモンがなくなるわけではなく、そのあたりの年齢からゆっくりと分泌量が下降していくということです。

 

 

男性は女性のように閉経があるわけではないので、老人くらいの年齢にならなければ加齢だけで男性ホルモンが極端に減るということはありません。

 

 

男性ホルモンの分泌量低下は加齢以外の原因でも起こります。

 

 

たとえば摂取する栄養の偏り、睡眠・運動不足、多大なストレス等があげられますね。そのため、30代という年齢であっても加齢とこれらの加齢以外の原因が合わさることによって男の更年期障害になることもあるのです。

 

 

ただいくらそういうことがあったとしても、30代で男性ホルモンの分泌量が極端に低下するのはかなり重病です。

 

男の更年期障害と自律神経失調症の関係について

 

自律神経失調症はそれなりに知られている病気ですが、実は男の更年期障害と似た性質があります。

 

 

男の更年期障害は男性ホルモンが低下し、自律神経のはたらきが乱れている体の状態を指しますが、自律神経失調症も自律神経のはたらきが乱れる病気なのです。

 

 

なぜ自律神経のはたらきが乱れるかというと、過労や睡眠不足、多大なストレスなどの不規則な生活や習慣によって脳にダメージがいき、引き起こされると考えられています。

 

 

この原因から見ても男の更年期障害と似ているといえますね。

 

 

自律神経失調症は加齢によっても起こりますし、特に更年期の人は気をつけた方がいいとされています。そのため、男の更年期障害と自律神経失調症を明確に分けることはとても難しいです。

 

 

見方によれば男の更年期障害は自律神経失調症のうちのひとつの病気ともいえるかもしれませんね。それだけに病院に行って薬をもらい、それを飲めば治るというような単純なものではありません。

男の更年期障害の予防・改善方法を実践しよう

 

男の更年期障害の原因ははっきりわかっていることですし、その原因を潰し、予防や改善に努めることが重要ですね。

 

 

特に男性は加齢だけではそれほど男性ホルモンの分泌量が減るわけではないので、普段から意識的に生活を改善していけば大きな効果をあげることができます。

 

 

私から簡単にできる、具体的な改善方法を紹介します。

 

 

まず食事面についてですが、栄養バランスの摂れたメニューを意識しましょう。特に現代人が不足しがちなビタミン、ミネラル、アミノ酸を摂りましょう。

 

 

普段の食事では難しい場合はサプリメントで補うのもいいですね。

 

 

次に休息面についてで、適度に休みを取ったり、リラックスをしたりすることを意識しましょう。特に毎日の睡眠は十分に取らなければなりません。

 

 

最後に運動面で、定期的に運動をしておく必要があります。

 

 

運動をすると全身の血行がよくなりますし、筋肉が刺激されて男性ホルモンが分泌されるようになるので、男の更年期障害にはぴったりの改善方法ですね。

男性ホルモンの投与はよほどひどい症状に限り行うべき

 

男の更年期障害は軽度なら栄養補給で自然と治していくことになりますが、重度の場合、男性ホルモンを直接投与する治療を行いますね。

 

 

これは重度の男性更年期障害だと栄養補給程度の対策では大きな効果を与えることができないためです。

 

 

男の更年期障害は体内に分泌される男性ホルモンの量が少ないことが原因なので、男性ホルモンを直接投与する治療はかなり効果的といえます。

 

 

この治療はホルモン治療といい、男の更年期障害に限らず、さまざまなホルモン分泌の異常に関わる病気に利用されています。

 

 

この治療に使われる医薬品は薬局でも扱われていますが、栄養ドリンクのように気軽に買うことはできません。というのも、男性ホルモン投与ができる医薬品は「第一類医薬品」となり、薬剤師が説明を行う義務があるからですね。そのため、基本的にインターネットで購入することもできません。

 

 

治療を受ける時の注意点についてですが、男性ホルモン投与の治療を受ける時は自分で判断するのではなく、しっかりと病院に行って診察を受けるのがいいでしょう。

 

 

なにしろ診察を受けなければそもそも本当に男性ホルモンの量が少なくなっているのかがわかりません。

 

 

診療科は心療内科や泌尿器科となりますね。ちなみに大きな病院である必要は特にありません。男性ホルモンがどれくらい分泌されているかは血液検査をすればすぐにわかるからです。

 

 

血液検査をして確かに男性ホルモンの量が少なくなっていれば医師と相談しながら治療方針を固めることができます。

 

 

男性ホルモンの直接投与はお金さえ支払えば誰でも簡単に行うことができますが、この治療にはリスクもあります。どういうことかというと、そもそも男性ホルモンは人間の体で生成されて分泌されるものですよね。

 

 

そういう仕組みなのにもかかわらず、外部から男性ホルモンを投与するということは体内のホルモンバランスを崩すということです。

 

 

ホルモンバランスが崩れると人間の体は混乱し、思わぬ不具合を生んでしまいます。

 

 

最も深刻なのは自ら男性ホルモンを分泌しなくなってしまうケースです。こうなった場合、男性ホルモン投与がやめられなくなります。

 

 

男性ホルモン投与をやめたら最後、体から男性ホルモンがまったくなくなり、さらにひどい男性更年期障害の症状が出てしまうようになります。

 

 

もちろんよほど大量の男性ホルモンを長期的に投与しない限りこうはなりませんが、それでも気をつけておくべきでしょうね。

 

男性の元気・活力を回復はコチラ

 

男の更年期回復後に取り入れたい勃起力回復はコチラ