MENU

中折れは30代あたりの年齢を超えると普通に起こる

こんにちは、牛島です。

 

 

男の更年期障害には幅広い症状があり、「中折れする」というのもそのひとつに数えられます。しかし、当たり前ですが、中折れしたからといって「自分は男性更年期障害になったのかもしれない」と不安がるのは不適切です。なにしろ30歳あたりを超えれば中折れくらいするようになってもおかしくありません。

 

 

男の更年期障害は幅広い症状があるだけにどれかひとつでもその症状に当てはまると「まさか…」と思いやすいです。しかし、「男性更年期障害という病気は存在しない」と考えている医師もいるほどなので、もし症状が起きてもすぐに男性更年期障害になったとは思わず、冷静に対応していくことが重要です。

 

 

中折れがよく起きる理由についてですが、そもそも勃起には多くのエネルギーが必要です。そのため、ちょっとしたことでもそのエネルギーを乱されて勃起しなくなることがあります。そして実際の性行為中はそのエネルギーを乱す要素であふれているのです。

 

 

たとえば相手を満足させられるかどうかという心理的プレッシャーや自分・パートナーの体勢を支える肉体的疲労などがあげられます。こういった男性側の負担以上に興奮や性的欲求がなければどうしても中折れせざるを得なくなるでしょう。

 

 

特に30代あたりの年齢になると若い頃よりも筋力が弱り、興奮や性的欲求も落ち着いてくるので、中折れする条件を満たしやすくなるのです。

 

 

ある程度年齢を重ねても自慰は問題なく行えるという人は珍しくありません。これは自慰と性行為のさまざまな条件の違いから起こることです。というのも、自慰は性行為と違って相手がいない分、心理的プレッシャーがありませんし、筋力も大して使いません。

 

 

それどころかペニスへの刺激や視覚的な刺激を自分好みにコントロールすることもできるので、あらゆる点で中折れしにくく、射精に至りやすい条件を満たしています。そのため、自慰ができるからといって安心してはなりません。

 

中折れの原因はパートナーにリードしてもらえばわかる

 

中折れの症状が起きた時はまずその原因を探るといいでしょう。原因さえわかれば後はその対処をしていけばいいだけです。原因の探り方として有効なのは「パートナーにリードしてもらいながら性行為をすること」ですね。

 

 

男性側がリードすると男性に大きな負担がかかるのは明白なので、一度その負担を取り外してみてどうなるかというところを確認しておきましょう。

 

 

その結果、正常位では中折れしたものの、女性が上になった時であれば中折れしなかったということがわかれば、原因はほとんどわかったようなものですね。この場合、男性の筋力や体力が弱っていることが疑われます。

 

 

筋力や体力が弱っていると正常位の時に自分の体を支えるだけで疲れてしまい、勃起を維持させるエネルギーが失われるのです。女性が上になれば男性は寝転がっているだけなので、筋力や体力が弱っていても問題なく性行為ができるというわけです。

 

 

また女性が上になるということは男性側の視覚的な刺激が変わるということでもあります。視覚的な刺激は男性にとって興奮や性的欲求を高める大きな要素になるので、これが変わったことで中折れしなくなったという風にも考えることができます。

 

 

もしこのことだけが原因だったのであれば、男性自体の健康には問題がないということになるので、病気を疑う必要はありません。

 

 

中折れの対策にはたとえば筋力トレーニングをする方法があげられますね。加齢や運動不足で弱っている筋力を鍛えることで性行為でも疲れない体に仕上げれば、筋力や体力不足で中折れすることはなくなるはずです。

 

 

それからED治療薬や精力サプリメントを利用するのも有効な対策方法です。ED治療薬は男性の健康には影響を与えませんが、勃起を促すのは間違いないので、性行為を問題なく行うという点では意味があります。

 

 

精力サプリメントは単純に栄養補給をし、男性の健康を向上させるので、自然に勃起をさせるのに役立ちます。

 

男性の元気・活力を回復させるならコチラ

 

男の更年期回復後に取り入れたい勃起力回復はコチラ