MENU

男の更年期障害という言葉は安易に使ってはならない

こんにちは、牛島です。

 

 

私はもう50代になりますが、半世紀以上も生きているわけですし、体にがたがくるのは当たり前のことだと思っていますね。実際に「あれ?なんだか今日は体が重いなあ…」と思うことはしょっちゅうです。

 

 

そんなことでいちいち「病院に行かなきゃ!」とか「もう自分も年か…」なんておろおろするのも逆におかしいですよね。

 

 

もちろん精力剤やサプリメントで対策を練るのはいいですし、よほど体が重い時は病院へ行くことも考えなければなりませんが、ある程度年齢を重ねるともはや自分ではどうしようもない加齢の影響が出てくることも理解しなければなりません。

 

 

しかし、そういった些細な加齢の影響でも近年は「男の更年期障害」と大げさに言われるようになってきていますね。男の更年期障害という言葉が認知され、流行りだしてくると、どうしても便利な言葉なので、安易に使われるようになってしまうのです。

 

 

少しでも体調の不良を感じたり、気分が憂うつになるなど、よくある症状でも安易に「男の更年期障害」と言ってしまうと、その人の体の状態の本質が見えなくなることもあります。

 

 

いくら男の更年期障害といってもひとりひとり症状の違いがあるはずなので、そこを無視するのは危険です。

症状の出方によっては重大な病気にかかっているかも

 

男の更年期障害は、男性ホルモンの分泌があまりされなくなることによって引き起こされる体調不良のことを指しますね。基本は体調不良なので、何か特定の症状しか起こらないとか、複数の症状が起こったとしても1つの症状だけがひどいといったことはそこまでありません。

 

 

それだけに上記のような症状に陥った場合、それは男の更年期障害ではないかもしれませんし、また男の更年期障害だったとしても他に重大な病気にかかっている可能性がありますね。

 

 

この場合は生活習慣を改善したり、精力剤やサプリメントを飲んだりすることよりも、すぐに医療機関に行って検査を受ける方がいいでしょう。たとえば私のように50代になる人間であれば、重大な病気にいつの間にか掛かっているということもありえない話ではありません。

 

 

現代は非常に生活習慣が乱れやすいですね。私のように50代の人間ですら加工食品を盛んに利用してしまい、昔より栄養の偏りがでてきてしまいました。今の若い人だとなおさらそうでしょう。

 

 

そのため、どれだけ生活習慣を整え、健康的な生活をしてきたかでその人の未来が変わってくることになりますよね。後悔しないためにも、早めに体調管理を考えはじめましょう。

ちょっとした体調不良には活力サプリメント

 

中高年という年齢になるとちょっとした体調不良などしょっちゅうだとは思いますが、それだけに医療機関に相談にいっても、特に重大なこととは扱ってもらえず、それどころか薬も出してもらえないことが多いですね。

 

 

医師も男性更年期障害のことはわかっているので、薬を出して症状を無理やり改善させるよりも、その人が健康になって自然に体調をよくすることを望んでいるのです。しかし、薬以外の方法で体調不良を治そうとする人はなかなかいないのが現実です。

 

 

仕事で忙しくてどうしても対応できないという人もいるでしょうが、何とかしなければ体調不良がどんどん悪化していってしまいます。

 

 

男の更年期障害の「ちょっとした体調不良」程度であれば、活力サプリメントが役立ちますね。活力サプリメントは体を大きく変えるほどの力は持っていませんが、人間の体内の代謝や抗酸化を促進させる作用があるので、体を元気にすることが可能です。

 

 

活力サプリメントは種類が多く、手ごろな値段のものもすぐに見つけることができます。そのため、無理なく続けることも不可能ではありません。サプリメントを試してみて過去に一度やめてしまった人でも、再挑戦してみる価値はあると思います。

勃起しにくいという症状がある場合はどうする?

 

男の更年期障害の症状が進んでくると「ちょっとした体調不良」だけではなく、「勃起がしにくい」といった症状が出てくるようになります。

 

 

「勃起がしにくい」というのは男の更年期障害を象徴する症状なので、これが起きた時は気をつけておくといいでしょう。しかし勃起がしにくいといっても年齢によっては性行為をする機会がなくてそもそも自分が勃起するのかどうかわからないという人もいるでしょう。

 

 

自慰をする人ならいるかもしれませんが、自慰は肉体的刺激や視覚的刺激を自分で調整できるので、性行為と同様に扱うことはできません。

 

 

その場合は朝起きた時に勃起しているかどうかを確認してみるといいでしょう。いわゆる朝立ちというもので、若くて元気な頃は毎朝していたはずですね。これがまったくなくなった場合、危険信号ととらえるべきです。

 

 

男の更年期障害の「勃起がしにくい」症状を改善させるには医薬品や勃起力向上サプリメントを利用するのがいいですね。医薬品には飲むタイプや男性器に塗りこむタイプなど、さまざまなものがあるので、自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

 

 

また勃起力向上サプリメントは成分が濃い特徴があるので、サプリメントの中では一番期待できます。

 

男性の元気・活力を回復はコチラ

 

男の更年期回復後に取り入れたい勃起力回復はコチラ