MENU

男の更年期障害を相談するとまず漢方薬が処方される

こんにちは、牛島です。

 

 

病院に行って男の更年期障害の相談をすると漢方薬を処方されることが多いですね。しかし、漢方薬には男の更年期障害を直接的に治す作用はありません。

 

 

男の更年期障害は男性ホルモンの分泌量が低下していることが根本的な原因なので、直接的に治すには第一類医薬品で男性ホルモンを投与するしかありません。

 

 

どこか特定の器官が悪いだけであればその器官に作用する医薬品を利用すればいいだけですが、男性更年期障害はそういうわけではないので、どうしても治療の仕方が難しくなります。

 

 

男性ホルモン投与は基本的に避けた方がいいです。なぜかというと、男性ホルモン投与はやりすぎると自ら男性ホルモンを作り出す機能が失われていく可能性があります。

 

 

そのリスクは当然医師や病院側もわかっていることなので、配慮はしますが、絶対に避けられるという保証もありません。

 

 

そのため、この治療の仕方はあくまでも最終手段であり、生活習慣を改善するだけではどうにもならない人が行うためのものです。

 

 

治療費もそれだけ多くかかってしまうので、家庭での不和を招かないためにも避けられるのであれば避けたい治療方法といえます。

 

 

もちろん無理は禁物で、症状が深刻な場合は迷わず治療を受けるべきです。

漢方薬は男の更年期障害の症状に効果がある

 

漢方薬の効果は男の更年期障害そのものを治すわけではありません。では何故、男の更年期障害を病院・医師に相談した時になぜ漢方薬が処方されるかというと、その症状を改善するためです。

 

 

男の更年期障害にはさまざまな症状があります。体力や気力がなかったり、肩こりがひどかったり、勃起しなくなったりと男の更年期障害の存在自体よりも症状の方が厄介だという人も珍しくないでしょう。

 

 

男性ホルモンの分泌を促進させ、男の更年期障害を完全に治すことも大切ですが、症状を治すことも大切ですよね。厄介な症状は気分的に嫌なものですし、仕事やプライベートに支障が出ることもあります。

 

 

漢方薬にはそういった症状を治すものがいくつかあるので、男の更年期障害に役立つのですね。漢方薬は基本的にいいものではあるのですが、副作用もあります。そのため、何も考えずに飲むといったことは避けなければなりませんね。

 

 

必ず用量・用法は確認しておく必要がありますし、できればどのような副作用が起こるのかまで把握しておくといいでしょう。インターネットでも購入することができますが、その際は商品情報を細かく見ておいてください。医薬品なので何らかの注意事項が書いてあるはずです。

 

漢方薬は健康保険が適用されるものを選ぼう

 

漢方薬には保険適用のものがあり、医薬品は健康保険が適用されるものとされないものでは価格に大きな違いがあります。そのため、医薬品を利用する時はできるだけ健康保険が適用されるものを選ぶべきです。

 

 

もちろん健康保険が適用されないものでしか発揮できない効果があるのなら仕方ありませんが、そうでないのならわざわざ高いお金を支払う必要もありません。漢方薬も医薬品のひとつなので同様です。

 

 

確実ではありませんが、基本的に医療機関で処方されるものは健康保険が適用されるので、漢方薬をお得に入手したければ医療機関の診察を受けるのがいいでしょうね。たとえば薬局に行って漢方薬を調合してもらおうとすると保険がきかないことが多いです。

 

 

漢方薬は男性更年期障害そのものを治すのではなく、あくまでも男性更年期障害の「症状」を治すものなので、それと同時に生活習慣を整え、男性更年期障害の根本的な改善を図っていく必要がありますね。

 

 

特に漢方薬の効果はある程度時間が経たないと発揮されません。その間、少しでも男性ホルモンが分泌されるようにすることは悪いことではないでしょう。漢方薬が効かず、生活習慣を整える努力をしても改善されない場合はホルモン治療しか手がなくなります。

 

男性の元気・活力を回復はコチラ

 

男の更年期回復後に取り入れたい勃起力回復はコチラ