MENU

男の更年期に適したサプリメントとは?

こんにちは、牛島です。

 

 

男の更年期は男性ホルモンが減少しやすい時期といえます。

 

 

女性は45歳〜55歳の年齢といったように明確な期間が決まっていますが、男の更年期はそうではないので、30代以降は誰もが注意しておくべきですね。

 

 

男の更年期に合ったサプリメントは男性ホルモンを増加させる作用を持ったものです。たとえば、精力剤勃起不全サプリなどがあげられますね。

 

 

ではなぜこれらのサプリメントが男性ホルモンを増加させるのかという話についてですが、もちろん男性ホルモンがそのまま入っているというわけではありません。

 

 

男性ホルモンを直接外部から摂り込むことは不可能ではありませんが、あまり積極的に行うことでもないのです。

 

 

精力剤や勃起不全サプリにはビタミンやミネラル、アミノ酸などが豊富に配合されています。

 

 

ビタミンやミネラル、アミノ酸は現代人が不足しやすい栄養素です。それに加え、ある程度以上年齢を重ねると加齢による消化機能の衰えから、これらの栄養を吸収しにくくなります。

 

 

そうしてますますビタミンやミネラル、アミノ酸が欠乏した体は正常な機能を失い、だんだんと男性ホルモンを作らなくなっていくのですね。

 

 

そのため、ビタミンやミネラル、アミノ酸を摂取することは自然に男性ホルモンを分泌される体作りに役立つのです。

 

成分濃度の高い精力サプリメントの有効性・注意点

 

精力サプリメントの中には成分濃度が高いものもあります。

 

 

そういった製品ほど有効性が高いので、積極的に利用していきたいところですね。しかし、人間の体は摂取する成分が多すぎても処理できないので、用量は守りましょう。

 

 

精力サプリメントは製品ごとに成分の配合量が異なります。もちろん成分が濃い方がその成分の効果が強くあらわれやすくなることから、有効性は高いですね。

 

 

そのため、精力サプリメントを購入する時はまず成分の濃さを確認してみるのがいいと思います。

 

 

十分に濃い成分のサプリメントであれば安心して買うことができるでしょう。成分が濃い精力サプリメントを服用すれば食事ではなかなか得られないような成分も簡単に摂取することができるようになります。

 

 

特に精力サプリメントの主力成分であるビタミン、ミネラル、アミノ酸は現代人が不足しやすい代表的な栄養素なので、サプリメントで手軽に摂取する重要性が高いですね。ただし、気をつけなければならないのは「摂り過ぎもよくない」ということです。

 

 

人間が一度に処理できない量の成分を摂取したとしても、それを吸収できず、無駄に体外に排出してしまいます。

 

 

基本的にサプリメントメーカーはその点を考慮して人間が一度に処理できる量に成分を調整しているので大丈夫なのですが、それはあくまでも用量を守った時にいえる話です。

 

 

そのため、濃い成分の精力サプリメントを飲む時は特に指定されている用量を確認しておく必要があります。

 

陰茎を増大させるサプリメントの効果と使うタイミング

 

陰茎を増大させるサプリメントは陰茎のサイズを変えるだけあって大きな効果を持っています。

 

 

そのため、男の更年期障害にも効くでしょうが、効果が強い分、ある程度症状が改善されてきてから利用した方がいいかもしれませんね。

 

 

サプリメントの中には飲むことで陰茎を増大させる目的を持ったものもあります。どのように増大させるかというと、男性ホルモンの量を増加させることが基本です。

 

 

男性ホルモンは成長期の時にそうであったように、男らしい体をつくる作用があるので、量が増えると陰茎も大きくなっていくわけです。

 

 

またビタミン、ミネラル、アミノ酸といった基本的な栄養素を摂ることで体の機能を整えたり、陰茎の血流をよくすることで勃起力を高めたりといった効果があります。

 

 

健康になるだけならまだしも陰茎の大きさを変えるほどの効果なので、陰茎増大用のサプリメントは非常に強力です。

 

 

そのため、それだけ男の更年期障害にも効きそうなイメージがありますよね。しかし、このサプリメントはある程度更年期障害の症状が落ち着いてきてから利用した方が賢明です。

 

 

なぜなら男性ホルモンがかなり少なくなっている時にいきなり強いサプリメントを飲むと急激に男性ホルモンの量が増えて逆に体調を悪くさせるからです。

 

 

男性ホルモンの量を増やすのはあくまでもゆっくりがベストなので、まずはある程度の量だけ増やしていくことを考えましょう。

 

 

もっとも更年期障害の症状が軽度な場合は最初から陰茎増大用サプリメントを飲んでも構いません。

 

男の更年期障害に医薬品は効果があるのか?

 

医薬品は男の更年期障害への対策には不向きです。

 

 

なぜかといえば、医薬品は男性ホルモンの分泌量が低下することによる症状を治すことはできても、男性ホルモンの分泌量自体をコントロールすることはできないからです。

 

 

男性ホルモン不足は男の更年期障害の直接的な原因なので、これを解決しなければ改善したとはいえませんよね。

 

 

男性ホルモンの分泌量自体をコントロールしなければ医薬品の使用をやめた場合、また症状が再発する可能性がありますし、医薬品を服用し続けることによって引き起こされる副作用も心配です。

 

 

そういった事態に陥ることを考えれば、あらかじめサプリメントを利用して男性ホルモンの分泌量を増やした方が賢明というわけですね。

 

 

サプリメントは日本では食品の扱いですし、栄養補助程度の効果しかありません。しかし、栄養補助をすることはある程度以上年齢がいっている人にとっては非常に重要なことです。

 

 

というのも、人間は加齢とともに基本的な体の機能が衰えていき、少しの栄養不足で体調に大きな変化があらわれるものだからです。

 

 

体に不足した栄養を補うことは医薬品にはできないので、サプリメントを使うしかありません。もちろん普段の食生活を見直すことも大切なことですね。

 

男性の元気・活力を回復はコチラ

 

男の更年期回復後に取り入れたい勃起力回復はコチラ